いぼの治療を気軽に申し込み【施術後にあとが残りにくい】

女性

皮膚にイボができた場合

看護師

解決策について

手や腕などにいぼが出来た場合は、素人判断で切除しようとせずに皮膚科に行くことをお勧めします。なぜなら、いぼが出来る原因は様々な事が考えられるために、素人判断で切除などを行うと再発する可能性があるからです。また皮膚科の診断によって外科手術やレーザー治療など、そのいぼを消滅させるために1番良い方法が行われます。例えば、良性の腫瘍が原因でイボが出来ている場合は、レーザーによる切除が行われます。この場合、該当箇所に局所麻酔をするために体調が良い日を選びます。レーザー治療のメリットは、短期間で終わる事が多い事です。またレーザー治療中は痛みが無いために、幅広い年齢層に適した方法です。再発の可能性が低くて、皮膚には除去した痕が残らないために、美容に気を使う人にもお勧めの治療方法です。ただし、保険適用外になるために、イボの大きさや種類によっては高額になるため注意をしましょう。またニキビの場合は、飲み薬によるイボの除去が行われます。飲み薬は個人差がありますが、服用してから1週間経過した後にイボが消滅するケースが多いです。内服薬は、保険適用がなされるために経済的にも安心ができるイボの除去です。もっともアレルギーがある人は医師に相談しましょう。いぼが出来た原因が、切り傷によるウイルス侵入の場合は医師に相談しましょう。いぼの特徴としては、個人差はありますが大きめのいぼになるケースが多いです。また黒や紫色に変色している点も特色です。皮膚科を選ぶ場合は、患者の話を丁寧に聞いてくれて、治療実績が高い病院を選びましょう。なぜならウイルス侵入が原因によるいぼは、しっかりと根治させなければ何度も再発する可能性があるからです。皮膚科では凍結治療が行われるのが一般的です。この治療は、いぼの該当箇所に冷たい窒素を当てて、低温火傷により皮膚の表面を徐々に剥がしていって、皮膚の奥にあるウイルスを除去する方法です。体の負担面を考えて、麻酔は行われないのが一般的であるため、診察中は痛みに我慢する必要があります。もっとも、痛みに耐えられない場合は我慢せずに医師に相談しましょう。相談する事によって、治療の回数を分けるなど、適切な方法がなされます。この治療は、完治する期間は個人差があります。人によっては数回で根治する場合もあれば、皮膚の奥にウイルスが侵入している場合は、数週間通院する事が必要な場合もあります。いずれにせよ、しっかりと通院すれば完治しますので根気よく考える事が大切です。