いぼの治療を気軽に申し込み【施術後にあとが残りにくい】

女性

満足できる結果を得る

顔を触る人

クリニックがおすすめ

いぼができたら、クリニックで治療したほうがよいのか、自分で治すことができるのかが気になります。単純にいぼといっても、種類があり、良性腫瘍の場合には自然で治るものもあれば、悪性タイプもあります。良性のものは自然に治るものがありますが、顔や首など気になる部分にできている場合には気になってしまう場合もあります。感染性のものは短期間で増えてしまうため早めに治療をするほうがおすすめです。悪性タイプなど医師の判断があれば健康保険の適用すること可能となるため費用を抑えることができます。審美的に治したいが場合には皮膚科や美容整形外科なで施術を受けることが可能です。セルフケアをする場合にはドラッグストアなどで購入できる薬があります。薬剤師に確認をしながら購入していきますが、1,000円ほどの塗り薬で根気が必要ですが改善できる場合もあります。病院の場合は健康が適用されれば一度の治療で2,000円ほどと薬代で、保険適用外の場合には治療方法によって費用は異なります。保険適用外の治療には、液体窒素やレーザーなどがあります。大きなものはメスで切除して縫う方法を利用すると一度で終わる方法があり、何度も病院に行く手間を省くことも可能です。いぼは悪性のものだけでなく、良性でも気になります。ドラッグストアなどで販売されている市販薬での治療や、お灸などもありますが、より効果を実感できる方法は専門の皮膚科や美容外科を利用するのが一番です。レーザーはいぼをくり抜いていきます。医師の判断から状態に合わせてレーザーのレベルを調整して最小限で施術を行っていきます。肌に負担をかけないように施術が行われ、出血も少なく痛みも最小限です。くり抜く範囲も極力狭い範囲で行うため、周囲の傷跡も残りにくい特徴があります。1回の照射は一瞬で終わり、複数あっても短時間で施術は完了します。施術後は冷やしてから、炎症予防の薬を塗っておきます。昔から利用されている液体窒素を焼き切る治療方法は、マイナス193度の液体窒素を綿棒のような器具を使って除去していきます。処理時間は5分ほどですが、わざと低温やけどさせて取り除く方法です。1回の治療で5つほどの施術を行うことができ、3ヶ月から1年ほどの期間をかけてじっくり治療を行っていきます。液体窒素を使った治療法はほとんどの場合保険適用となるため、費用を抑えることができます。1cmを超える大きさのいぼはメスを使って取り除いていくか、レーザーで根元を焼き切っていきます。